elvisというブランドのウクレレ自体がそもそも海外では販売されていないみたいで、いったいどこのメーカーが生産しているのかもよくわかりません(oem品の可能性も…?) 先月の8月24日、一年ぶりに新しいウクレレを購入しました。それが「ELVIS K100C」。ハワイアン・コアを材に使用しながらも1万円少しという低価格なウクレレです。スロテッドヘッドときれいな木目に惹かれて思わずポチリ…今回はそんなK100Cを簡単にレビューしていきます。目次今回自分が購入したウクレレはELVISというブランドのものなんですが、日本のAmazonといくつかの通販サイトを除いて目撃したことがありません。ELVISというブランドのウクレレ自体がそもそも海外では販売されていないみたいで、いったいどこのメーカーが生産しているのかもよくわかりません(OEM品の可能性も…?) ウクレレは他の弦楽器とくらべると製作が容易なため、たくさんのメーカーやブランドが存在します。今回は超有名ウクレレメーカーから、国内外の知る人ぞ知る個人工房まで、知る限りのブランドを紹介。もちろんレベル別のオススメウクレレもピックアップ! ウクレレ初心者が始めて購入する1本としてはどの程度の金額の物を購入するべきなのでしょうか?一般的には最低でも1万円以上の物を進めるウクレレ上級者が多いのですが、安物は買うべきではないので … )2年ほど使用しましたが、今現在(2020年2月)、チューニングしても各フレットのピッチがかなり悪いです(全体的にシャープ気味)。ナットとサドルを弄る必要があるかもしれません。ケースはクッション材も入っている作りのしっかりしているものでした。ショルダーが二つなのも地味にうれしいポイント。 作り的には中華品質と言わざるを得ない点も多々ありましたが、音や木目などに関しては自分の期待を上回るレベルでした。特に、この価格帯でチューニングや諸所の加工については微妙な部分も多いため、品質の良いウクレレを求める方に向けてはあまりお勧めできるものではない気がします。(逆に言えば弄りがいのあるウクレレと言えるかもしれません)価格等も踏まえて総合的に勘案すると、個人的には満足のいく買い物でした。 ガジェット・ゲーム・音楽が大好物。ドラムとウクレレ、ギターもやってます。ガジェット・ゲーム・音楽が大好物。ドラムとウクレレ、ギターもやってます。ガジェット・ゲーム・音楽が大好物。ドラムとウクレレ、ギターもやってます。 elvis エルビス ウクレレ コンサートサイズ ハワイアンコア材 美木目 スロテッドヘッド アコースティック k100c ソフトケース付 . 更新日 : そのためハワイの老舗メーカーはもちろんのこと、ギターメーカーや個人ビルダー、はたまた楽器店のオリジナルブランドまで、非常にたくさんのメーカー・ブランドが存在します。今回は、国内・海外問わず知名度の高い人気メーカーに始まり、レベル別/目的別おすすめウクレレモデルを紹介。そして把握出来るかぎりすべてのウクレレメーカーを集めた、ウクレレメーカーリストも一挙公開します!目次話題によくあがる人気メーカーを、激安ウクレレからハワイのトップブランドまで、独断と偏見でピックアップしました!*その他100社以上のウクレレメーカーリストは記事の後半で紹介!「ウクレレの王様」と称されるほどの人気と知名度を誇り、全てのウクレレプレーヤーの憧れの的となっているのがハワイの老舗メーカーウクレレとしては高級なモデルが多く、一番ベーシックなモデルでも10万円以上、ヴィンテージになれば100万円以上するものもあります。そのぶん音質へのこだわりも格別です。Kamakaのウクレレには、政府によって伐採が制限されている希少なハワイアンコアという木材を長期間熟成させたものが使われています。さらに出来上がったウクレレは経営陣が1本1本その音をチェック。彼らの目にかなわなかったウクレレはその場で破棄するという徹底ぶりです。あのジェイクシマブクロが愛用していることでも有名。25年というとハワイでは中堅どころ。しかしその弾きやすさと抜群の鳴りの良さは国内外で高く評価され、今ではKamakaとひっきりなしに比較される人気メーカーです。主力ラインナップは10万円以上しますが、Opio(オピオ)やKoAlana(コアラナ)といった初心者でも手の届く価格帯(5万円〜)のサブブランドもあるので、初めからハイグレードなウクレレが欲しい人におすすめです。KAMAKA、Koalohaに並ぶハワイウクレレ3大ブランドに数えられるのがこの日本ではまだ紹介される機会は少ないように感じますが、海外では大人気です。ハワイアンウクレレにしては珍しいUVポリエステルフィニッシュや、TRUブレイシングなどの特殊技術を採用し、ウクレレの鳴りを最大まで引き上げています。アコースティックギターメーカーの王座に君臨するMartin製ウクレレにはギター製造で培った技術がぞんぶんに活かされており、マホガニーらしいクラシックな音と100年経っても演奏できる頑丈さが特徴。ヴィンテージ調の上品なルックスも含め、いまでもファンの多いメーカーです。名だたる競合メーカーを差し置いて、アメリカ本土でウクレレシェアNo.1を誇るのがこの日本では代理店運に恵まれずそれほど知名度が高くないのですが、とても良いメーカーです。リーズナブルな価格ながら、作りの丁寧さは同価格帯の商品と比べても頭一つ抜けており、多くのビギナーに選ばれています。材質やサイズなどのバリエーションがとても豊富で、ラインナップの数は150を超えています。「自分だけの1本」が選べる感覚も、多くのファンを惹きつける理由でしょう。FS-5Gというモデルがレッスン教室で推奨モデルとして扱われていたこともあり、「はじめての1本はFamous」という謳い文句がよく聞かれました。値段に対して細部の品質レベルが高く、日本の職人の意地が感じられます。誰もが初めてのウクレレの候補として検討するメーカーです。オーナーが一時制作活動を中止してからは市場で見る機会は減りましたが、演奏性を重視したネックの作りと、華麗なインレイには根強いファンがいます。現在アメリカで製造が再開されており、日本でも入手可能です。楽器店によく行く人なら、画像のスマイルウクレレを一度は見たことがあるのでは?1999年にKALAの輸入代理店でもあるキタクニミュージックによって立ち上げられた廉価ウクレレブランドがこの興味本位でも買えてしまうほどの低価格と、見ているだけで楽しくなるカラフルなデザインがウリ。チューニングの正確さなどは価格相応なので、本格的にウクレレを始めたいのならオススメはできません。でも子供用へのプレゼントやインテリアとして使うなら超オススメ。ベーシックなモデルは真剣に練習するのには向きませんが、「ウクレレがどんな楽器かちょっと試してみたい」というレベルなら程よいかも。もとはハワイアンコアの木材を取り扱う企業が、そのノウハウを活かしてウクレレを制作し始めたのがこのビギナーモデルからハイグレードモデルまで幅広いラインナップを取り扱っており、市場でもよく見かけます。ハワイのウミガメをイメージしたというヘッドのデザインが印象的。美しい杢目やサウンドホールの装飾は、ポルトガルやスペインの伝統的なナイロンギターを彷彿とさせます。エスニックなテイストが好みの人にぴったり。台湾発のウクレレ・ギターメーカー見た目の可愛さとは裏腹に、しっかりと力強いサウンドが特徴。手ごろな値段と安定した品質で評価の高いギターメーカーのとくに後ほど紹介するAU-1、AU-2は「いますぐウクレレを始めたいけど、お金はかけたくない」という人におすすめ。1950年代、日本で空前のハワイアンブーム、もといウクレレブームが起きました。当時の映画を見ると石原裕次郎や加山雄三がなぜか無意味にウクレレを弾いていたり(笑)。このブームを支えたのがこの残念ながらその後のエレキギターブームに押され、一時は市場から完全に姿を消してしまうのですが、Famousの製造元であるキワヤ商会によって、Famousの上位機種として復活しました。アメリカのLuna Guitarsとは別のブランドです。ここまで紹介したウクレレメーカーから、経験レベル別、目的別のとっておきのおすすめモデルを紹介します。しっかりした造りに弾きやすいネック、バランスの良い音質。それでいて安価。初めてのウクレレにもっともおすすめなモデルです。牛骨サドルの採用、マークポジション、バインディング(ふちどりライン)など、細かい部分にも良いものが使われています。同じ価格帯のウクレレの中ではもっともコスパが高い1本でしょう。マホガニー製ながら高音の抜けがよく、ウクレレらしい明るい音に仕上がっています。日本で長年「初めての1本」に選ばれてきた定番モデル。ハワイアンコア製の良く鳴るボディで、はっきりとした輪郭のクリアなサウンドが特徴。やや古典的ではあるものの上品なグロスフィニッシュは、「良い楽器」の風貌です。当時はハワイアンコア製としては安価だったのも、広く普及した理由でしょう。ハワイアンコア製のテナーサイズウクレレです。コアらしいドライな明るい音ですが、中低音がほんのりと膨らんでいるため、奥行きのある上品な印象を受けます。言葉では説明しづらいのが悔しいですが、HF-3の情緒あるサウンドを聴くと、ハワイの波打ち際やそよ風を本当に想像してしまいます。これこそまさに「KAMAKAこそウクレレの音」と言われる所以でしょう。海外では、他メーカーとの違いがはっきりわかるテナーサイズが人気ですが、初心者ならソプラノサイズのHF-1もおすすめです。ヘッドのデザインが印象的なKoAlohaのコンサートウクレレです。KoAlohaのウクレレはとにかく良く鳴るのが特徴。高音はウクレレらしくカラッとしていますが、中域が圧倒的に大きいです。他のウクレレと同時に弾くと、KoAlohaだけひとつ前に出ているように感じられるでしょう。もちろんソプラノやテナーも迫力は抜群。ソロウクレレでインパクトを出すのにうってつけです。長続きするかわからないし、最初はお金をかけたくない…そんなあなたにはコチラ。5,000円以下のウクレレの多くにはなどの問題があり、楽器としては正直使い物になりません。Ariaはそれらの問題を全て解決し、この値段としてはありえない安定した品質を実現しています。音質は1万円前後のものに比べると少しこもった印象もありますが、廉価ウクレレのなかではダントツの演奏性能です。ボディの真ん中に焼き付けられたキャラクターデザインがなんとも可愛らしい、パイナップル型のソプラノウクレレです。キャラクターデザインはポンキッキーズのコニーちゃんで知られる木原 庸佐(きはら ようすけ)さんによるもの。ボディには単板マホガニーが使われており、なかなか迫力のあるサウンドが出ます。一風変わった木材のウクレレが欲しいならKalaがおすすめです。ラインナップの豊富さも強みのKalaですが、ジリコテやウォルナットといった珍しい木材のウクレレも揃えています。これらの木材はボディに杢目が強く出るので、他のウクレレとは一味違うルックスが楽しめます。この世にひとつとして同じ杢目の木は存在しません。自分だけの1本を持ちたいならぜひ公式HPでチェックしてみてください。MAHALOのウクレレはとても安価なので、品質には個体差がありますが、他にはないアーティスティックなデザインのウクレレがたくさんあります。デザインには豊富なバリエーションがあるので是非公式サイトをのぞいてみてください。ここからは、などなど…可能な限りたくさんのウクレレメーカーを紹介します!*ルシアー=ビルダー。制作者のこと。ウクレレの母国ハワイ。もちろんたくさんのウクレレメーカーや有名ルシアーが存在します。参照:ukulelefriend.comハワイの夫婦ビルダー。2010にセニーザ夫人が他界されてから生産は行われていません。チャーリー・フクバ氏が製作するハワイのハンドメイド・ブランド。参照:digimart.net参照:ukulelefriend.comKeliiのセカンドブランド。keliiはオール単板だが、Keilaniは合板。ハワイ生産のウクレレとしてはリーズナブルな値段をキープしている人気のメーカー。KoAloha(コアロハ)のエントリークラスラインナップ。ハワイのメーカーですが、生産開発をすべて海外で行いリーズナブルな価格を実現しています。Ko’olauのインドネシア生産のセカンドブランド。品質はKo’olauクラス。Ariaに限らず、多くのギターメーカーがウクレレラインナップを持っています。ギター経験者なら好きなメーカーのウクレレを手に入れるのもアリかも?レスポールタイプのウクレレを販売しています。同社のテレキャスターのようなヘッドが特徴。参照:aucfun.comZO3シリーズからウクレレも発売した過去があるようです。参照:ukulelefriend.com1920 – 30年代にウクレレ生産を行なっています。UKEというシリーズとバンジョーウクレレがヴィンテージで散見されます。スタンダードなマホガニーモデルをいくつか製造しています。安価ながら美しいルックスです。あの特徴的なルックスのOvationには、少ないですがウクレレラインナップもあります。1万円以下の安価なウクレレラインナップを拡充しており、評判を呼んでいます。日本にも歴史あるウクレレメーカー・ブランドはたくさんあります。日本国内のウクレレ専門メーカーや限定ブランドを紹介します。東京にある老舗商社・メーカー。FamousとT’sウクレレの貴重なコラボ企画。50年以上の歴史を持つ長野県の老舗ギターブランドのウクレレラインナップ。キワヤ商会のサブブランド。現在新規生産中止中。参照:aucfun.comMartinの精工なレプリカが有名な、国産ウクレレ。現在とてもレア。参照:digimart.net生産完了。国産ギターメーカーFUJIGENのサブブランド。FAMOUSの製造委託先でもある三ッ葉楽器のオリジナルブランド。「ユーザーの声」にもっとも近い楽器店。中でも島村楽器はウクレレ販売に力を入れており、オリジナルブランドを立ち上げるほど。現場の声を反映した、ユーザービリティ重視のウクレレは一奏の価値ありです。群馬県で限定生産されているハイグレードモデルです。廉価エントリーラインナップ。中国生産ですがコスパは最強とのこと。Amazonを中心に、中国製の廉価ウクレレが手に入ります。公式ホームページもないような無名メーカーなのですが、その圧倒的な安さに反して作りがしっかりしており、ウクレレ業界をざわつかせています。個体によって当たりはずれがあるものの、初めての1本としてはおすすめです。ウクレレは世界中で愛される楽器です。特にアメリカ、カナダを中心にたくさんのブランドがあります。期間限定で開発されたOvationのサブブランド。現在入手困難。エレウクが大人気。参照:reverb.comオーストラリアのギターメーカー。2013年までウクレレを製造。アメリカの超ハイエンドギターメーカーのウクレレラインナップJoel Eckhausによるハンドメイドブランド。2018年に新規製作は終了。参照:reverb.com1920~1950年代製造のヴィンテージウクレレで有名なブランド。ポストKALAとも言われる、廉価&高品質ウクレレメーカー。参照:ukulelefriend.comハーブ・オータサンも認めた伝説のブランド。「Fluke」と「Flea」というふたつのブランドのウクレレを製造しています。リゾネイターウクレレのブランド。参照:reverb.comかつてシカゴで製造されていたヴィンテージウクレレ。変わった形のウクレレが印象的。ギターブランドAyersのウクレレラインナップCenizaで働いていたJerome Werner&Debra夫婦によるハンドメイドウクレレ。参照:ukulelefriend.comG-STRING出身のMARK BAJETによるハンドメイドウクレレ。トニーゼマイティスの死後、2003年に神田商会が制作権限を授与。実は日本は世界的にみてもウクレレの出荷台数が多い国です。大手メーカーに負けないクオリティのウクレレを製作する個人工房やルシアーもたくさん存在します。人とは違う、レアでハイクオリティなウクレレが欲しいならぜひチェックしてください。いろいろなインレイのロゴがとても可愛いです。*No Photo*参照:reverb.com*No Photo*参照:reverb.com参照:ukulelefriend.comトッププレーヤーにも高い評価を受けているベテランルシアー。参照:aucfreefun.com*No Photo*画像タグ : 「

ヴァンガード プレミアムコレクション2020 通販, FGO アーラシュ 考察オジ マン ディアス 触媒, 荒野行動 射撃 ボタン 消える バグ, 透析 分子量 一覧, パラブーツ 店舗 東京, ホスト ケヤキ 値段, 大阪市 建築 相談, 指 原 莉乃 マネジメント, 8mm Bb弾 飛距離, 内海 人的補償 なんj, 2020 夏アニメ おすすめ, 処理 業者 一覧, 橋本環奈 片寄涼太 映画 主題歌, Dtm イヤホン ヘッドホン どっち, サンジ Pixiv 10000, エンジェルハート 2nd 17巻, ヤマノ ススメ キャラ, ベレト 攻略 パズドラ, ハリネズミ 角田 コスプレ, 俺ガイル Ss クロス, JR東海ツアーズ クーポン 届かない, 俳優 学校 東京, 指編み 座布団 作り方, 弓道 足踏み 角度, 電動ガン 修理 ショップ, オンパットロ 調整 方法, かぎ針 ポーチ ファスナー 編み方, 映画 ぐらんぶる キャスト, アーチェリー 的紙 大きさ, フォールアウト4 Mod Ps4 美少女, 玉川大学教育 学部 カリキュラム, レポート課題 テーマ 例, トランクホテル 結婚式 キャンセル料, ワンピース マルコ 能力奪われた, 兵 走る 最高, エメラルド あなをほる 入手, クラウン の タイプ96, すいすい 牛タン 発送, ヒルナンデス 冷蔵庫 芸能人 2月10日, 新庄駅 Suica 使える, Mmaq Pa 変換式, ミラティブ コメント欄表示 Ipad, レスリー キー 宝塚 ポスター, 富岡八幡宮 お守り 返納, ベルメゾン キッズ フォーマル, 柳田 山田 なんJ, 新倉敷駅から広島駅 電車 料金, ダイヤのa Act2 175,